第3回 『金融機関のコンプライアンスリスク管理の高度化とガバナンス』

【日時】 2021年12月10日(金) 14:00~15:30
【聴講形式】 今般の感染状況等を踏まえ、本セミナーはオンラインのみの聴講といたします。
 ①Zoomを利用したオンラインによる聴講
 ②YouTubeを利用した後日聴講(開催日から数日経過後に、1週間限定でYouTube配信します)。
【出演者】 佐々木 清隆 氏(元金融庁総合政策局長
            一橋大学大学院経営管理研究科客員教授)

■ 概要

金融機関のコンプライアンスに関しては、銀行法等業法の法令遵守のみならず金融商品取引法、個人情報保護法等の遵守が求められているほか、より広範なコンプライアンスリスク管理が重要になっている。特に、金融業務のグローバル化、デジタル化、コーポレートガバナンス全般の進展の中でその重要性は高くなっている。さらに「コンダクトリスク」と言われる新たなリスクの視点も金融庁含む金融監督当局から指摘されている。このようなコンプライアンスリスク管理の高度化についてガバナンスとの関連で議論する。(講師より)

■ 出演者紹介(敬称略)

◎佐々木 清隆(ささき・きよたか)
 元金融庁総合政策局長
 一橋大学大学院経営管理研究科客員教授

1983年東京大学法学部卒、大蔵省(現財務省)入省。金融庁証券取引等監視委員会事務局長、公認会計士・監査審査会事務局長、総括審議官を経て2019年7月に総合政策局長を最後に金融庁を退官するまでの間、20年以上にわたり金融行政に従事。特に、銀行検査監督、証券市場監視、監査法人検査、コーポレートガバナンス、仮想通貨(暗号資産)を含むデジタライゼーションへの対応等国内外で多岐にわたる専門的な経験を積む。
またOECD,IMFに延べ3回10年の勤務のほか金融監督当局の国際的な集まりであるFSB(Financial Stability Board), バーゼル銀行監督委員会等でも活動。
編著書「グローバル金融規制と新たなリスクへの対応」(2021年4月、金融財政事情研究会)。

■ 参加形態

参加形態
Zoomを利用したオンラインによる聴講 WebセミナーにはZoomを使用します。
企業によってはセキュリティの観点によりZoomが使用できない場合がございますので、事前にご確認ください。
YouTubeを利用した後日聴講 開催日から数日経過後に、1週間限定でYouTube配信します。

  ※通信費用は各自でご負担いただくことになりますので、ご了承ください。

■ 参加費・お申し込み

参加種別 参加費(税込)
日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク会員 無料
※個人会員の代理出席は不可です
非会員 3,300円
連続セミナー 第3回(2021/12/10) 参加申し込み
上の「参加申し込み」をクリックすると、専用申し込みフォームのページへ飛びます。
全国社外取締役ネットワーク活動履歴日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム活動履歴