『ジョブ型雇用社会とは何か-正社員体制の矛盾と転機』   

日時 2022年2月4日(水) 15:00~17:00
聴講形式 今般の感染状況等を踏まえ、本講演会はオンラインのみの聴講といたします。
 ①Zoomを利用したオンラインによる聴講
 ②YouTubeを利用した後日聴講(2週間限定となります)
出演者 濱口 桂一郎 氏 (独立行政法人労働政策研究・研修機構研究所長)

■ 概要

昨今流行している浅薄な「ジョブ型」論の誤解を暴いた上で、日本的なメンバーシップ型雇用が様々な労働法分野で矛盾をもたらしている姿を明らかにする。(講師より)

【濱口桂一郎氏の著書】
ジョブ型雇用社会とは何か: 正社員体制の矛盾と転機

■ 出演者紹介(敬称略)

◎濱口 桂一郎(はまぐち・けいいちろう)
 独立行政法人労働政策研究・研修機構研究所長

1958年10月生まれ
1983年3月 東京大学法学部卒業
1983年4月 労働省入省
1995年4月 欧州連合日本政府代表部一等書記官
2003年7月 東京大学大学院法学政治学研究科附属比較法政国際センター 客員教授
2005年7月 政策研究大学院大学教授
2008年8月 労働政策研究・研修機構労使関係部門統括研究員
2017年4月 労働政策研究・研修機構研究所長

主著
『新しい労働社会』岩波新書(2009年)
『日本の雇用と労働法』日経文庫(2011年)
『若者と労働』中公新書ラクレ(2013年)
『日本の雇用と中高年』ちくま新書(2014年)
『働く女子の運命』文春新書(2015年)
『日本の雇用紛争』労働政策研究・研修機構(2016年)
『EUの労働法政策』労働政策研究・研修機構(2017年)
『日本の労働法政策』労働政策研究・研修機構(2018年)
『働き方改革の世界史』ちくま新書(2020年)
『団結と参加』労働政策研究・研修機構(2021年)
『ジョブ型雇用社会とは何か』岩波新書(2021年)

■ 参加形態

参加形態
Zoomを利用したオンラインによる聴講 WebセミナーにはZoomを使用します。
企業によってはセキュリティの観点によりZoomが使用できない場合がございますので、事前にご確認ください。
YouTubeを利用した後日聴講 開催日から数日経過後に、2週間限定でYouTube配信します。

  ※通信費用は各自でご負担いただくことになりますので、ご了承ください。

■ 参加費・お申し込み

参加種別 参加費(税込)
日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク会員 3,300円
※個人会員の代理出席は不可です
非会員 6,600円
講演会(2022/2/4) 申し込み
上の「参加申し込み」をクリックすると、専用申し込みフォームのページへ飛びます。