『M&Aによる利益成長モデル―戦略は買収に従う』   

日時 2022年6月10日(金) 16:00~17:30
聴講形式 今般の感染状況等を踏まえ、本講演会はオンラインのみの聴講といたします。
 ①Zoomを利用したオンラインによる聴講
 ②YouTubeを利用した後日聴講(2週間限定となります)
出演者 松本 茂 氏 (京都大学経営管理大学院特命教授
           城西国際大学大学院 教授)

■ 概要

 2001年からの20年間に日本企業が実行した海外M&Aは9390件、買収金額の総額は120兆円に上る。今世紀、日本企業が何に経営資源を投じたかと問われれば、間違いなく海外での買収はそのひとつに挙げられる。草創期には失敗が多かった海外M&Aは、発展期に成否割合が改善してきた。日本企業はM&Aでようやく何かを掴み始めたようだ。
 本講演では、シュンペーターが「経済発展の理論」で説いた、企業家による新結合をキーワードとして経営における買収の役割を再考する。そして、買収で世界一を実現したダイキン工業やDMG森精機、村田製作所などの成功事例をもとに、日本企業はこれから如何にM&Aに取り組むべきかについて解説する。(講師より)

■ 出演者紹介(敬称略)

◎松本 茂(まつもと・しげる)
 京都大学経営管理大学院特命教授
 城西国際大学大学院 教授

神戸大学経営学研究科博士課程修了。
20年にわたり投資銀行などでクロスボーダーM&A案件に助言。その後、同志社大学大学院准教授を経て現職。
著書に『海外M&A新結合の経営戦略』『海外企業買収失敗の本質 戦略的アプローチ』(東洋経済新報社)などがある。
2015年第9回M&Aフォーラム賞、2020年京都大学経営管理大学院優秀教育賞受賞。

■ 参加形態

参加形態
Zoomを利用したオンラインによる聴講 WebセミナーにはZoomを使用します。
企業によってはセキュリティの観点によりZoomが使用できない場合がございますので、事前にご確認ください。
YouTubeを利用した後日聴講 開催日から数日経過後に、2週間限定でYouTube配信します。

  ※通信費用は各自でご負担いただくことになりますので、ご了承ください。

■ 参加費・お申し込み

参加種別 参加費(税込)
日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク会員 3,300円
※個人会員の代理出席は不可です
非会員 6,600円
講演会(2022/6/10) 申し込み
上の「参加申し込み」をクリックすると、専用申し込みフォームのページへ飛びます。